• ホーム
  • 肥満学会も推奨するゼニカルとごはんのダイエット

肥満学会も推奨するゼニカルとごはんのダイエット

太りすぎの人は、今は特に不調がなくて健康だと感じていても将来高血圧や糖尿病、心臓病、ガンなどのリスクが高まって重い病気になってしまう危険があるので明らかに肥満だったり健康診断でメタボと判定されたりしたらダイエットをして健康的な体重を維持することが大切です。
肥満学会でも太りすぎの危険性を呼びかけていて、なるべく早く医者の診察を受けたりしっかりとダイエットをすることを推奨しています。

効率よく痩せるために有効なのはゼニカルで、肥満学会も認めていてクリニックでも使われている肥満治療薬です。
服用するだけで食事から体内に入ってくる脂肪分が体で吸収されるのを防ぎ、そのまま体外に出すことができるので余計な脂肪を体脂肪として蓄積しないで効率よく食事制限と同じ効果が得られます。
肥満の人は胃が拡張していて急に食事の量を減らしたりダイエットメニューを食べ続けるのが困難ですが、ゼニカルを使えば無理な食事制限をしなくてもカロリーを減らせるので簡単にダイエットができます。

日本人の主食であるごはんもダイエットに有効です。
炭水化物なのでカロリーが高そうですが、ミネラルなどほかの栄養素も含まれている上、ゆっくりと噛んで食べれば少量でも満腹感を得られて腹持ちがいいので間食の回数が減ったり、脂肪燃焼にも役立ちます。
そのまま食べるだけでなく、おかゆや雑炊にして増量すれば低カロリーで栄養たっぷりの食事ができて置き換えダイエットや夜食としても使えます。
ごはんの熱量はすぐに運動で消費されてしまうので体内に蓄積される心配がなく、健康な生活を送るサポートをしてくれます。
太りすぎだと感じたら、ゼニカルやごはんを使ってダイエットをして理想の体重を目指しましょう。

関連記事