ゼニカルと漏れ

若い女性

ゼニカルは、日本では挫折しにくいダイエットの方法として知られています。
それには、脂質の吸収を大幅に阻害する効能があり、ストレスを感じることなくダイエット効果が得られます。
また、ゼニカルは、重度肥満患者を対象とした治験結果から、ダイエットの効果と安全性が実証されています。
しかし、ゼニカルを取得することにより、油漏れや尿漏れの症状が出てくるケースが多々あります。

ゼニカルの服用を続けている間は、便に混じっての油漏れのリスクは充分にあります。
また、急にお腹がゆるんだり、便意がでてきたりすることがあります。
くしゃみをしたり、重いものを持ったりすると、そこで漏らしてしまうことがあります。
そこで、尿漏れを防ぐ対策として、重いものは持たないようにし、くしゃみやおならは漏れてもいいようにトイレでするようにします。
どうしても、仕事などで出来ない場合は、おむつナプキンを着けることがよいです。
それもしたくなければ、ゼニカルの服用は、中止にすることです。

さらに、症状がもう少し進んだ場合は、無意識に尿が漏れてしまうことがあります。
これは、長期間、ゼニカルを服用したときに出る症状です。
この症状が出てから、1週間から長くて4週間で、軽減してきます。
人によっては、体質に合わないという理由で、半年以上、症状が続くこともあります。
そのようなケースでは、服用は中止したほうがよいです。
ただし、ゼニカルは、排便機能に関する後遺症はもたらされないようなので、薬の成分が体内からなくなれば、数日程度で症状は無くなっていきます。
楽してダイエット効果が得られるゼニカルは、使い勝ってがよいものですが、仕事で常に外にでる社会人には、尿漏れだけは注意した方がよさそうです。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索